アロマセラピーの広がり

アロマセラピーの応用範囲

アロマセラピーの広がり図

日本におけるアロマセラピー

日本アロマセラピー学会(1997年発足)では、アロマセラピーを医療行為と位置づけ、医療の代替療法として、より安全で確かな治療効果を上げる精油の成分や効果、処方に関する研究を重ね、蓄積されたデータを広く公開しています。

学会発足時は、医療分野におけるアロマセラピーの認知度は高くありませんでした。しかし、10年を経過した現在、会員数は1600人を超え、産婦人科を筆頭に、整形外科、心療内科、耳鼻咽頭科など、様々な分野でメディカルアロマセラピーを導入する医師が増えつつあります。また、精油の鎮静作用によるリラクゼーション作用が傷みや不安の緩和にも有効であることから、精油を用いたマッサージを試みる看護師や介護士が、老人介護施設や緩和病棟でも増えつつあります。

鳥取大学発ベンチャー 株式会社ハイパーブレイン
(オーガニックアロマショップ リ・ブレイン)

〒683-0061鳥取県米子市四日市町74番地
TEL:0859-21-7730 FAX:0859-21-7731 メールでのお問合せはこちらから

 
 

Copyright (c) 2009 Hyper brain Co.,Ltd. All rights reserved.